メニュー

糖尿病と内分泌の病気(工事中)

糖尿病

  • 糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が多くなりすぎる病気です。初期には症状がほとんどありませんが、進行すると動脈硬化が進み、脳卒中や虚血性心疾患になりやすくなります。また3大合併症として、網膜症、腎症、神経障害があり、失明や透析につながる病気でもあります。
  • 糖尿病の予防のためには、摂取エネルギー量をとりすぎないこと、運動をすること、アルコールをとりすぎないこと、たばこを吸わないこと、野菜や大豆製品、海藻、きのこなどを多くとることなどがあげられます。特に、砂糖の入った飲み物をとりすぎる習慣のある人は、糖尿病のリスクが高まります。肥満も糖尿病のリスクを高めますが、日本人ではやせていても糖尿病になりやすい人がいますので、肥満や過体重のない人でも注意が必要です。
  • 糖尿病になってしまった場合には、上記よりも厳格な食事療法,運動療法が必要となります。

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト,2019より引用・改変)

脂質異常症

  • LDLコレステロール,HDLコレステロール,トリグリセライド(中性脂肪)などの血液中の脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症と言います。LDLコレステロールは単独でも強力に動脈硬化を進行させるため、注意する必要があります。
  • LDLコレステロールが高い人は、まず肉の脂身(バラ肉、ひき肉、鶏肉の皮も含む)・バターやラード・生クリームなどに多く含まれる飽和脂肪酸のとりすぎを改め、次いで鶏卵などコレステロールの多い食品についても食べすぎないようにします。

  • トリグリセライド(中性脂肪)が高い人は、エネルギー量のとりすぎ(特に甘いものや酒・油もの・糖質・砂糖の入ったソフトドリンク)を改めて運動や減量を行うことで、中性脂肪を下げることができます。また背の青い魚に多く含まれるn-3系(ω-3系)多価不飽和脂肪酸には、トリグリセライド(中性脂肪)を下げる働きがあります。

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト,2019より引用・改変)

高尿酸血症

  • 血液中の尿酸が高い状態が高尿酸血症です。痛風や腎結石、尿路結石の原因であるほか、高尿酸血症がある人では、肥満や高血圧、脂質異常症、高血糖を複合的に合併することが多くなっています。
  • 予防には、まず食事の量とともにすべての種類のアルコールの量を減らし、プリン体(ビール・鶏卵・魚卵・肉・魚などに多く含まれる)の摂取が多い人はそれらを控える、水分と野菜を多くとる、軽い有酸素運動を行う、などが有効です。なお、過度な運動や無酸素運動を行うと、尿酸が産生されやすくなり、尿酸値が上昇しますのでご注意ください。

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト,2019より引用・改変)

内分泌の病気

(工事中)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME