メニュー

当院で行っている検査と治療

検査

  • 当院では「簡単な神経心理学的検査」「血液検査」「脳脊髄液検査」「レントゲン検査」「心電図」「AYUMI EYE medicalによる歩行分析検査」を実施しています
  • 自費の「新型コロナウイルスの鼻腔PCR検査(SARS-CoV-2核酸検出,NEAR法)」は即日報告,診断書付きで税込み7,700円(税抜き7,000円)で実施しています
  • アルツハイマー病の前段階である軽度認知障害(MCI)のリスクをはかる血液検査「MCIスクリーニング検査(外部リンク)」は自費で税込み27,500円(税抜き25,000円)で実施しています
  • 「複雑な神経心理学的検査」も実施できるようにする予定です
  • 「血液検査」は,富士フィルムメディカル製の「富士ドライケム FDC NX600」などで実施いたします

  • 「レントゲン検査」は,島津メディカルシステムズ製の「島津インバータ式X線撮影装置システムX'syPro A Pack」で実施いたします

  • 「歩行分析検査」は,早稲田エルダリーヘルス事業団が開発した「歩行解析デバイスAYUMI EYE medical(外部リンク)」で実施いたします。これは3軸加速度センサーモジュールとiPad(iPhone)専用アプリを用いて、歩行時の加速度データに基づき歩行機能を推進力バランスリズムの3点から分析することができます。

copyright (C) Waseda Elderly Health Association All rights reserved.

  • 「CT検査」「MRI検査」「脳血流SPECTなどのRI検査」「脳波」「遺伝子検査」などが必要な際には適切な施設にご紹介いたします

脳脊髄液検査説明文(患者さん向け)

遺伝子検査説明文(患者さん向け)

治療

  • 「脳神経内科」「一般内科」ともに「患者さんの状態と家庭環境に応じた適切な治療」を行うことを目指しています。
  • お薬の処方よりは「暮らし方の工夫」をご提案したいと思います。
  • お薬を使わない高血圧治療「CureApp HT高血圧治療補助アプリ™(外部リンク)」を処方しています
  • 「認知症ケアに関するオンライン相談」や「感染症に関するオンライン相談」を行っています。
  • 「ウェアラブルデバイスを用いた健康管理と見守り」を行っています。
  • 「片側顔面痙攣」「眼瞼痙攣」「痙性斜頸」「上肢痙縮」「下肢痙縮」「重度原発性腋窩多汗症」に対する「ボツリヌス毒素療法」を行っています。
  • 「手術療法」や「遺伝相談」や「ロボットスーツHAL(R)を用いたリハビリテーション」などの高度な治療が必要な際には適切な施設にご紹介いたします。
  • 「インターネット環境」と「クレジットカード」があればどこでも診療が受けられる便利な「オンライン診療」も実施しています。

人生の最終段階における医療・ケアの方針の合意書(患者さん向け)

湘南ロボケアセンター(外部リンク)

発行可能な診断書

  • 神経疾患でお困りの方は、公的支援を受けられることがあります。その際に必要な診断書は当院で発行いたします。
    • 介護保険主治医意見書
    • 身体障害者手帳(肢体不自由)と障害年金診断書
    • 身体障害者手帳(音声機能の障害)
    • 指定難病
    • 自立支援
    • その他の健康診断書や診療情報提供書

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME