メニュー

高血圧と心臓・血管の病気

高血圧

「健康診断で血圧が高いと言われてきました。」

  • 高血圧治療ガイドライン2019による高血圧の定義は,診察室で上が130mmHg以上,かつ/また,下が80mmHg以上,ご家庭で上が125mmHg以上,かつ/また,下が75mmHg以上です。
  • 日本人の高血圧の最大の原因は、食塩のとりすぎです。若年・中年の男性では、肥満が原因の高血圧も増えています。飲酒、運動不足も高血圧の原因です。高血圧は喫煙と並んで、日本人にとって最大の生活習慣病リスク要因です

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより引用・改変)

狭心症・心筋梗塞などの心臓病(虚血性心疾患)

「数日前からランニング中にときどき胸苦しいことがあったんですが,今夜は強い圧迫感が20分続いて冷や汗も出てきました。」

  • 虚血性心疾患には、「狭心症」や「心筋梗塞」があります。
  • 狭心症は動脈硬化などによって心臓の血管(冠動脈)が狭くなり、血液の流れが悪くなった状態です。主に歩行などの動作をしているときに、胸を圧迫されるような痛みの発作が繰り返し起こり、数分以内におさまります。狭心症はなんらかの動作中に起こることが多いのですが、安静時に冠動脈のけいれんが起こり、狭心症の発作が起こる場合もあります(冠攣縮性狭心症)。

  • 一方、心筋梗塞は、動脈硬化によって心臓の血管に血栓(血液の固まり)ができて血管が詰まり、血液が流れなくなって心筋の細胞が壊れてしまう病気です。胸に激痛の発作が起こり、呼吸困難、激しい脈の乱れ、吐き気、冷や汗や顔面蒼白といった症状を伴うことがあります。痛みは20分から数時間にわたることもあります。激痛は胸だけでなく、胃のあたりや腕、肩などにも起こることがあり、これを放散痛と言います。心臓の血管が一瞬で詰まると、突然死することもあります。

  • 虚血性心疾患の3大危険因子は、喫煙・LDLコレステロールの高値・高血圧で,メタボリックシンドロームも危険因子の一つです。
  • 健康診断でこれらを早期発見し、喫煙のほか、動物性の油に多く含まれる飽和脂肪酸のとりすぎ、お酒の飲み過ぎ、食塩のとりすぎ、運動不足、ストレスを避けるようにします。一方、魚や野菜、大豆製品には、虚血性心疾患を予防する働きがあります。

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトより引用・改変)

虚血性心疾患以外で胸痛を起こす病気

  心血管の病気
心膜炎,心筋心膜炎 鋭い痛みが背中に広がる.呼吸をすると悪化するが,前かがみに座ると改善する.
大動脈解離 引き裂くような,刺すような,強い痛みが,突然,胸や肩甲骨の間に出現する.緊急処置が必要.
  呼吸器の病気
肺炎 息苦しさ,発熱,せき,痰などが出現する.
胸膜炎 鋭い胸膜の痛みがある.
気胸 片側の鋭い胸膜の痛みが突然出現する.
肺血栓,肺塞栓 胸膜の痛みが突然出現する.
肺高血圧 運動をした際に胸の不快感がある.運動をした際に呼吸が困難になる.
  消化器が原因の病気
逆流性食道炎 横になった時や食後に,胸やけや胃酸がこみ上げる感じがする.
食道攣縮 食事を飲み込むときに悪化する,胸骨下の痛みが出現する.
マロリー・ワイス症候群 嘔吐した際に食道が切れて胸が痛くなる.
Boerhaave症候群 嚥下で悪化する強い胸痛で,皮下気腫が出現するため,皮膚の一部がごわごわする.通常は吐いた時に出現する.
胃潰瘍,十二指腸潰瘍 胃のあたりの痛みで,黒い便が出ることがある.
胆石症,胆嚢炎 右上腹部の痛みで,吐き気がある.
膵炎 胃のあたりや背中の不快感がある.血液検査とCTスキャンで診断する.
  筋肉,骨,その他
肋軟骨炎 限局した鋭い痛み.体を動かすと痛い.触ると痛い.
帯状疱疹 片側の強い痛み.神経支配に沿った皮疹や感覚障害がある.
不安障害 胸苦しさ,呼吸困難,動悸,その他の身体症状を伴う.

(JAMA 1998; 280: 1256, 2005; 294: 2623)

心不全,心筋症

「少し前から疲れやすかったんですが,最近は横に寝ていると息苦しくなります。足もむくんでます。」

  • 心不全は,さまざまな原因で心臓の機能が低下し,内臓に水分がたまったり,全身に十分な血液と酸素が送り出せない状態です。
  • 息苦しさ,2kg以上の体重の増加,足のむくみなどの症状があり,苦しくて横になれないとき,冷や汗が出て苦しいとき,脈拍が上がって気を失いそうになるときは,ただちに医師に連絡をしてください。
  • 治療の目的は,血圧を維持しつつ,体液量を適切に管理することです。利尿剤,強心剤,降圧剤(アンギオテンシン変換酵素阻害薬,アンギオテンシン受容体拮抗薬,アンギオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬,β遮断薬),糖尿病にも有効なSGLT阻害薬などによる薬物療法を行います。
  • 心筋症は,心筋が機械的または電気的に動かなくなって心不全をおこす病気で,その原因は様々です。
  • 心室の拡張と収縮力が低下する拡張型心筋症,心室壁が肥大する肥大型心筋症,心室が十分に拡張しない拘束型心筋症などに分類されています。

不整脈

「動悸がします。脈が飛ぶことがあります。」

  • 心房細動は,高齢化とともに増加する不整脈で,脳梗塞心不全を合併して死亡率をあげることが知られています。
  • β遮断薬の内服による動悸と心不全の管理,直接作用型経口抗凝固薬の内服による脳梗塞の予防,カテーテルアブレーションによる治療などを行います。
その他の不整脈
  • 徐脈,房室ブロック,房室解離
  • 上室頻拍
  • 副伝導路(Wolff-Parkinson-White症候群,WPW症候群)
  • 心室頻拍

末梢動脈疾患

「歩いていると足が痛くなってくるんですが,少し休むと痛みが取れます。」

  • 手足の動脈が閉塞する病気で,喫煙,高血圧,糖尿病,高コレステロール血症などが原因になることが多いです。
  • 歩くと出現するふくらはぎの鈍痛つま先の痛みや潰瘍や壊死などが出現します。
  • 血液をサラサラにする抗血小板薬やカテーテルによる治療が行われます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME